特選珈琲 × わかばやし かよこ の物語

特選珈琲 × わかばやし かよこ の物語

シックなブラックカラーの扉を開けて目に飛び込むのは

天井には流れる雲のような和紙の作品   

 

わお、大胆な作品だ!

そのまま壁にかかる作品たちを見る

おや、可愛らしい

そしてよく見ると店内の椅子が描かれている

ちょっとずつ違うアイテムが絵のワンポイント

 

ぬぬぬ、やるなあ

なんて思いながらそのまま店内奥まで引き込まれていく

色とりどりの、偶然のような、遊びゴコロのような滲んだ絵の具たち

その下にはキリッとした木版が顔を覗かせる

それらを包み込む地は和紙だ

暖かい

そしてハート

ずっと見入ってしまいそうだがもう一度入口へ引き返し、限定メニューを注文する

店主がこだわりぬいたチーズケーキは

まさかの2種類が一皿という贅沢なもの

自家製のソースをつけるといくつもの味わい方を楽しめる

 

店名の特選珈琲とは

今のコーヒー界を引っ張るスペシャルティコーヒーのことだとか

マスターのコーヒーへの思いがこのハートの一杯に凝縮されている

 

「とりあえずハートを」

 

大人な二人がこだわりぬいたハーモニー

猪野商店 × まえのえり の物語

 

今回の企画は、「地域の作家さんたちを応援するものでありたい」はもちろんですが

「地域の作家さんが育っていけるものでありたい」

という思いもありました

 

勝田台の猪野商店さんは、まさにその象徴的なお店

市内外の活躍する作家さんたちはもちろん、ここで初めて発表したという作家さんも少なくないはず

作品を発表することにつきまとう、緊張や不安も含めて

お店が受け止めてくれる安心感があります

 

まえのえりさんはすでにセロハンテープで制作してきていましたが

今回は”これまで“を一度脇に置いての新しい表現に取り組まれていました

さぞドキドキしたのではないでしょうか

セロハンテープが細かくつなぎ合った一枚のシート

力がかかり全体を支えている点、抜けている面

透ける光、かさなる影

シートは複雑な表情を見せてくれます

 

猪野商店の限定メニューはコーヒーの風味高い一皿

コクのある味わいでコーヒーによく合いました

フルサイズとハーフサイズから選べます(写真はハーフサイズ )

 

猪野商店さんの一階では、さまざまな作家さんのグッズや作品も見ることができます

芸術の秋にお出かけになってみてくださいね

 

アート×喫茶店 恋の物語プロジェクト 参加店の公式HP情報

アート×喫茶店 恋の物語プロジェクト

参加店の公式HP情報はこちらから

 

・貝殻亭リゾートガーデンサロン

https://www.gpi-group.co.jp/gardensalon/

・猪野商店

http://ino-syouten.com/

・カフェ imoan

http://cafe-imoan.com/

・高津珈琲

http://takatsucoffee.main.jp/

・特選珈琲

https://m.facebook.com/profile.php?id=100010125931897&fref=nf&ref=m_notif&notif_t=page_post_reaction

・いこいの店 喫茶 RIO

https://www.facebook.com/%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%84%E3%81%AE%E5%BA%97-%E5%96%AB%E8%8C%B6Rio-%E5%85%AB%E5%8D%83%E4%BB%A3%E5%8F%B0Cafe-464195497101901/

リビング千葉: 特派員 マーブルさんによる第3弾はこちら!

リビング千葉の特派員、マーブルさんの取材第3弾は

高津珈琲×中田 緋カップル!

 

どうやら、中田さんの針金による生き物たちは着々と増えているそうですよ・・・

どんな世界になるのでしょうか?!

あと1週間後にその答えが観れますね

 

https://mrs.living.jp/chiba/event_leisure/reporter/3195614

お得な前ウリ チケット発売中!

ー#ぴーちゃん とブラジル子の、二人の前を歩く ウリ達ー

#ぴ「つまづきそうだな」

ブ「ねえねえ、#ぴーちゃん、恋の物語プロジェクトの期間中、いくつも行きたいお店があるのよ。

どこも素敵で絞れないの」

#ぴ「じゃあ、お得なチケットを買ったらいいさ。¥2000で¥2200分になるチケットだよ。」

ブ「ワオ、お・ト・ク。弱いわあ。どこで買えるの?」

#ぴ「今回の参加店で取り扱っているよ。発売はイベントの始まる前日までだから、買い忘れに気をつけるといいよ。」

ブ「わかった。チケットは一回で何枚使えるのかしら。」

#ぴ「¥400分のチケットを一人につき1回1枚使えるみたいだよ。何人かで行って人数分使うとかもできるね。」

ブ「じゃあ、仲間に声かけて、みんなでまわろうっと。」

#ぴ「そういえば、お店をたくさん周るといいことあるんだよ!」

ブ「いいこと??え、なになに?」

#ぴ「それは次の回に教えよう。」

–つづく

公式 水先案内人 「#ぴーちゃん」と「ブラジル子」

#ぴ「こんにちは!アート×喫茶店 恋の物語プロジェクト 公式水先案内人 #ぴーちゃんです。

(水先案内落花生と言うべきかな?)

いよいよプロジェクトの開始も迫ってきましたね。

みなさんがより楽しくご参加できるように、いろんな情報をお届けして行きますよ。

私一人ではちょっと心もとないので助け人を呼んできました。

ブラジル子!!」

 

ブ「皆さま~、こんにちは。

私の名前はブラジル子。

コーヒーのことならなんでも興味がありますよ。

一緒にイベントを楽しみましょうね~」

 

#ぴ、ブ「と言うことで、これからどうぞよろしくお願いします。」

 

八千代台の「あった」を再発見する市民情報誌ReATTAに掲載されました!

京成八千代台には、まちづくり合同会社制作・発行、市民が編集したフリーペーパー ReATTA(リアッタ)があります
今回 リアッタで宣伝をしていただきました⭐️
八千代台付近のお店と組む作家さんのプチ情報も読めますよ
まだ手にしていない方は京成八千代台駅改札外のラック、東南公民館ほかウェブでも読めます

↓↓↓

https://yachiyodai-machi-llc.com/reatta_new/

企画が立ち上がるまでのこと④


説明会にご参加いただいた作家さん達


事務局説明中


おやつ付き

2018年2月22日 作家さんたちへの説明会 開催@猪野商店

企画実現への大きなステップその2が、この説明会でした。
八千代市を活動の場としている皆様方。

こちらも説明会は2時間ややオーバー。
質問も色々ありました。

作家さん達はご自分の作品資料を持ってきていただいたので、
自己紹介が盛り上がりましたね。
やはり作家同士、相手の作るものに興味もありますし、ご自分の作品紹介も丁寧でした。

寒い夜にご参加ありがとうございました。