東京新聞さんに掲載されました!:MAOTO@元カラオケ津軽

ARTxCAFE2020サイドストーリーとして八千代台エリアで開催されています、MAOTOさんの展示を東京新聞さんにご紹介いただきました。

 https://www.tokyo-np.co.jp/article/65478

肌に墨で描かれる植物や生き物の姿。

それをモノクロの写真に収めたMAOTOさんの作品は、

妖しくも独特の世界観が魅力的です。

この展示は「空きテナントxアート」というもう一つの取り組みでもあります。

展示会場は去年まではカラオケスナックとして使われていました。

空きテナントをそのままにしておくのではなく、人の出入りを図り建物を傷ませない、また次の借りたい人と出会いやすくすることを目的として、アートの力を掛け合わせ、今回の展示につながりました。

八千代台まちづくり合同会社さん、テナントオーナーさん、仲介されたサンコー住宅さん、そして作家MAOTOさんの関わりで成立した今回の展示の試みが、果たしてどうだったのか。

これについては、八千代台まちづくり合同会社の代表 吹上さんとMAOTOさんの対談を八千代台の市民情報誌 ReATTA 12月号にて掲載予定です。

こちらもお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です